友達からお金を借りるのはやめよう

お金が無いからと言って友達からお金を借りようと考えてしまう方は、ちょっと考え方を改めてみませんか?よく「金の切れ目は縁の切れ目」と言います。この言葉は昔からよく言われる言葉ですが、実際にお金で揉め事を起こして連絡を取らなくなったという人はいませんか?そもそも、人間関係のトラブルで最も多いのが金銭トラブルです。これは友人関係においても、恋人関係においても言えることで、もっと言えば家族関係においても言えることだったりします。

 

お金で家族の縁が切れてしまうなんて本当に寂しいことですが、家族という強い絆をも断ち切ってしまうほどの力を持つお金です。そんなお金を仲の良い友達から借りるという行為を怖いと思いませんか?

 

友人からお金を借りるという行為は非常に手軽ですよね。何かの契約を結ぶ訳ではありませんし、借りたからと言って利息を取られることも無いと思います。貸してもいいけど利息取るよ…なんて友人がいたら、なぜかお金を貸してくれる人がセコいくらい思われてしまいますからそんなことを言う人は少ないと思います。金額も100円や200円程度なら全く問題ありませんが、1000円、5000円、1万円となってくると話が変わってきます。

 

1000円ならちょっと財布を忘れたから今だけ貸して…というような金額なのでそれほど問題にはなりませんが、5000円や1万円になってくるとお金を忘れたという金額ではなくなってきます。すぐに返すことが出来るなら問題はありませんが、この返済日が遅くなればなるほど相手からの信用も失いますし、相手もなかなか返せとは言えないものです。そういう気まずさが長く続くとお互いの関係もギクシャクし出して、あいつにはお金を貸さない方がいいという噂が広まり、その人だけでなく周囲の多くの人間からの信用をも失ってしまい兼ねません。

 

友人にお金を借りるということは非常に大きなリスクを伴っているということをまずはご理解下さい。これを読んだだけではそんなことないよ…と思うかもしれませんが、実際にそれで失った信頼関係はなかなか修復することが出来ません。そんなことないよと思うほど、一度それが壊れたら回復するのは難しいのです。

 

当サイトではキャッシングの情報サイトになりますが、友人からお金を借りるくらいならキャッシングを利用された方がよっぽど健全だと言えます。今はキャッシングを利用していることもインターネットからの申し込みが可能になったことにより知られることはまずありません。お金にだらしないと思われることは色々な面での信用問題にも発展します。健全な人間関係を築く一環としてもキャッシングを利用するということは賢い方法ではないでしょうか。

 

もう一度言いますが、金の切れ目は縁の切れ目です。
こんなことにならないよう近い人からお金は借りないようにしましょう。
今はキャッシングサービスも非常に便利になりましたので、こういったサービスを使われることをお勧め致します。