パート主婦借入可能な低金利第四銀行カードローンは審査は甘い?在籍確認なしですか?

新潟を代表する銀行と言えば第四銀行ですよね。新潟にあるほとんどの企業がメインバンクとしている銀行が第四銀行で、第四銀行の第四というのは日本で4番目に作られたというナンバー銀行時代の国立第四銀行の名前がそのまま残っているものになります。そのまま残っているのは第四銀行だけで創立時の名前が残っている銀行では日本最古の銀行となります。ちなみに、国立第一銀行は現在のみずほ銀行で、第八国立銀行が現在の三菱東京UFJ銀行になります。どちらも今日本を代表する銀行ですよね。

 

つまり、第四銀行は新潟の地方銀行ながらもそれだけ歴史のある銀行ということが言えると思います。新潟のほとんどの企業が第四銀行をメインバンクにするというのも頷ける理由ではないでしょうか。そんな第四銀行のカードローンですが、利用限度額は最小30万円から最大500万円まで、金利は銀行カードローンならではの4.0%?14.8%と低金利となっています。また、1,000円から借入可能というのも嬉しいですよね。

 

ですが、由緒ある第四銀行ともいえど新潟県から外に出るとその知名度は一気に低くなり、利用出来るATMも限られてきます。例え利用出来たとしても手数料が高かったりで利便性はあまり良いとはいえないのかもしれません。更に、銀行系カードローンということで審査もそれなりに厳しくなってしまいます。理由は総量規制の対象外となる為です。年収の1/3まで借入が出来るという制限が銀行系カードローンにはないので、地方銀行カードローンは審査が甘いなどと言われていますが、実情はそれだけ審査が厳しくなるということになるということになります。

 

そして、カードローンやキャッシングのご利用時に最も気になる点が在籍確認ではないでしょうか?在籍確認とは審査の際に、お申し込み頂いた内容の勤務先などに本当に所属しているかどうかを確認するものになります。実際、勤務先へ電話が来るというのは誰でも嫌なことだと思いますし、尚且つ地元でも有名な第四銀行からの電話連絡となるとカードローンの利用での在籍確認というのはすぐに知れ渡ってしまうかもしれません。

 

その点お勧めなのが消費者金融系のキャッシングです。消費者金融系キャッシングなら在籍確認時に個人名で電話をしてきてくれますし、その個人名もこちらで指定することが出来る場合もあります。お仕事が営業の方で取り引き先の会社名に指定される方もいらっしゃるようです。キャッシング会社によっては勤務先への電話連絡で行う在籍確認ではなく、社名の記載されている源泉徴収票や給与明細書などの提出で大丈夫なところもあるそうなので、資料提出での在籍確認が可能かどうかもお申し込み時に確認するようにしてみて下さい。

 

まだまだ消費者金融系キャッシングのメリットはあります。
大手のキャッシング会社であれば全国にATMがあるので、地方銀行カードローンとは違い日本全国どこでも同じようにキャッシングを利用することが出来ます。金利についても、確かに消費者金融系キャッシングの方が高くはなってしまうものの、30日間金利0円サービスなどを行っているキャッシング会社を利用すれば銀行系カードローンを利用するよりも金利を安く利用することが出来ます。

 

使い方次第では銀行系カードローンよりも、消費者金融系キャッシングの方が使い勝手が良いというのが本当のところなんです。とはいえ、どこの消費者金融を利用したらいいか分かりませんよね?当サイトが最もお勧めするのは大手キャッシング会社でも特に人気の高いアコムになります。業界最速クラスの審査スピードと、先ほど言った金利0円サービスを行っているキャッシング会社になります。キャッシングをお急ぎの方、今すぐにでもお金を借りたい方、出来るだけ金利を安くして利用したい方は是非アコムのご利用をご検討下さい。このページの一番上のご紹介部分から公式ページへと移動が出来ますので是非ご覧になってみて下さい。