キャッシングの不安を解消しよう

キャッシングを利用したいけれど不安がいっぱい――こんな方は少なくないと思います。ここでは、キャッシングを利用しようと思った際に不安に感じることのベスト3とされている、キャッシングをしても月々の返済がきちんとできるか不安、審査が通るのか不安、会社に連絡が来るのが不安――の解消方法をお伝えします

 

月々返済ができるか不安

返済がきちんとできるか不安な方は、まずは、キャッシング会社のホームページにある返済のシミュレーションを利用して、ご自分の希望額による、月々の返済額と完済までの期間を調べてみましょう。

 

キャッシングを申込んでも、必ずしも希望額全額がキャッシングできるというわけではありませんが、シミュレーションを行ってみた結果、月々の返済額が予定以上だ、返済できそうにない――と思った場合はそのキャッシングをしてはいけません。

 

では、逆に楽に返済できる金額はどれくらいなのでしょう?現実を見つめたうえで、余裕をもって返済できる月々の返済額から借入額を逆算してみましょう。毎月返済ができる金額から逆算して、どのくらいの金額を借入れられるのかを割り出すと、キャッシングで失敗、つまり返済ができなくなることはずっと少なくなります。

 

余裕をもって返済できる月々の返済額から計算した借入額が、あなたがキャッシングしてもいい金額なのです。それ以上の金額は、キャッシングしてはいけない金額になります。月々余裕を持って返済できる金額と言いましたが、なぜ余裕が必要なのかというと、日常の生活では予期せぬ出費があったりします。

 

そこで、予期せぬ出費があった月でも必ず返済できるように余裕をもって返済できる金額としているのです。
つまり、大切なのは自分の返済可能額をきちんと知ることです。だいたいこれぐらいだったら返済できるだろうというあいまいな金額ではなく、月々の生活費や交際費などの出費をしっかりと計算した上で算出した金額が返済可能額です。

 

返済可能額を知ることがキャッシングで失敗しない、つまり不安がいらないキャッシングの利用方法です。毎月の生活に必要な支出を計算して、月収から差し引いた金額の範囲で、しかも余裕を持って返済できる返済額から逆算して借入れ額を決めれば「返済できないかも」と不安にならずにすみます。

 

審査に通るか不安

キャッシングの際の不安の2つ目に、審査に通るかどうか不安ということがあります。例えば、キャッシング会社の店舗に出向いて借入れできるかを確認する方法もあるでしょうが、できるだけ人に会わずに確認したいと思っている方は意外と多いのではないかと思います。

 

そのような場合には、キャッシング会社のホームページにある仮審査サービスを利用しましょう。仮審査がパスしたからといって必ず本審査でパスするとは限りませんが、入力情報を正確に記入すれば審査の結果はおおよそ分かり、審査に通るか不安に思っている方にはありがたいサービスです

 

また、返済計画のシミュレーションもできるので審査と合わせて、@月々の返済額、A利息、B返済回数、C返済方法、D返済総額――なども確認しておきましょう。キャッシングで失敗しないためには、ご自身の経済状況と照らし合わせて、どれくらいの金額を返済していけば、いつごろ完済できるのかを把握しておく必要があるのです。

 

例えば、月々の返済がギリギリできそうと分かった場合は、無理にその金額を毎月の返済額とするより少し低い返済額を設定し、余裕がある月には増額して支払っていく方が心配なく返済ができます。ただし、キャッシング会社によっては、月の最低返済額が設定されている会社もあるので、注意が必要です。

 

会社に連絡が来るのが不安

誰しも、周りの人、特に職場の人には内緒でお金を借りたいと思っているのは当然だと思います。だから、会社に電話なんかしてこないでほしい!――とお思いの気持ちはよく理解できます。

 

しかし、貸し手であるキャッシング会社にとっては、どのような人が、どのような会社で働いていて、給料がどのくらいあるか――ということは大きなチェックポイントですから、審査の際には必ず勤務先への所在確認の電話を行います。

 

これは、銀行で融資を受けるときや、カードローン、クレジットカードの申請などでも必ず確認することです。逆に所在確認をしないキャッシング会社は、要注意のキャッシング会社と考えていいでしょう。しかし、大手のキャッシング会社なら、申込者は会社に連絡が来ることを嫌っていることを承知していますので、会社名を語ることはせず、必ず担当者が個人名で電話をしてきます

 

例えば、「友人の○○ですが、××部の◇◇さんはいますか?」というように、キャッシング会社からの電話と分からないように配慮してくれるのです。ですから、電話を受けた方にキャッシングが知れる心配は無用です。

 

また、営業などで外回りの仕事や、席を外すことが多い仕事の場合も、その会社に所属して働いているということさえ確認できればいいので、電話がかかってきた時に直接電話に出られなかったとしても、問題はありませんので安心してください。