キャッシングの必要書類とは

キャッシング会社の必要書類は何かを記述する前に、まず当サイトがお勧めしたいキャッシング会社をご紹介させて下さい。今、キャッシングをご利用される方が非常に増えていますので、お急ぎの方は出来るだけ早くお申し込みをされることをお勧め致します。

 

これからキャッシングをご利用される方にとって、キャッシングの契約時に何が必要かというのは不安であったりするものだと思います。そして、そういったものの情報はキャッシングの情報サイトに記載はされてあるものの、何となく分かりにくかったりすると思います。

 

ここでは初心者の方でも分かりやすくキャッシングの契約時に必要なものは何かということで、キャッシングの必要書類を契約時の解説も踏まえ書いていきたいと思います。

 

まず最初に必要となるものは、お申し込みされた方がご本人様であることが分かる「ご本人様確認書類」になります。通常であれば運転免許証をご用意頂ければ問題ないのですが、中には当然運転免許証をお持ちでない方もいらっしゃると思います。そんな方は、健康保険証、パスポートなどがあれば問題ありません。外国人の方の場合は、特別永住証明書や在留カードがあれば大丈夫です。但し、上記に挙げたご本人様確認書類と現住所が異なっている場合は、現住所にお住まいであることを証明する公共料金(電気、ガス、水道、NHKなど)の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などが必要になります。

 

これに加え、多くの場合、借入額が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。収入証明書類とは何かと申しますと、前年度の源泉徴収票、住民票決定通知書、納税通知書、所得証明書などがこれに該当します。しかし、今挙げた収入を証明する書類は専門的な機関を通さないと入手出来ないものですので用意するのが難しいという方もいらっしゃると思います。そんな方は、「直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分の給与明細」などで対応出来る場合がありますのでその旨キャッシング会社に確認するようにして下さい。この場合の注意点としては、給与明細の偽造を防ぐため、給与明細作成者の担当印だけではなく、給与明細を発行している会社の社判が必要になることがありますので予め頭に入れておきましょう。

 

キャッシング会社によって必要になってくる書類が異なる場合がありますが、基本的には上記で挙げたものが必要になります。初めてキャッシングをされる方も、100万円以上のキャッシングをされる方も是非上記の内容を覚えておくようにして下さい。

 

もしもキャッシングのご利用について、どこのキャッシング会社にしようかお悩みの方はこちらのページの最初に記述しているキャッシング会社が特にお勧めです。金利やサービスなどはもちろん、利用者が多く安心出来るキャッシング会社になりますので是非そちらもご参考下さいませ。数あるキャッシング情報サイトの中から、当サイトが激選したものばかりですので自信を持ってお勧め出来ます。キャッシング会社の紹介部の下にあるリンク部をクリックすることで公式ページに移動しますのでそちらからお申し込み頂くと便利だと思います。